Pareidolia

こっそり文学アイデア集と論文の練習

小豆と孔雀と鮭

わたしは幼い頃から色に関心がありました。

無意識に色相環に従って母のビーズを並べていたり、服もグラデーションになるように片付けたり。今も形態より色彩が好きです。様々な色が並んでいるだけで楽しいのです。

 

幼稚園の頃は紫が好きでした。今思えばこの頃から変わった子供だったようですね。小学校の頃は水色が好きだったような気がします。でもこれは友達に合わせただけ。このころは自分というものをへし折られた後だったので、大して自分の意思はなかったようです。その話はまた今度にしましょう。中学、高校の時の記憶はあまりありませんが、オレンジや黄色が好きだったような気がします。なんにせよ暖色です。今では赤が好きになりました。赤はいい女の色です。赤に白水玉のワンピース、赤いバッグ、赤いハイヒール、赤い爪…。わたしは赤い服は着ないけれど、綺麗な赤の靴やバッグを持っていたい。そして堂々と生きていきたい。わたしのロールモデルたちのように。

 

わたしは基本的に暖色が好きですが、近頃青い服ばかり着ています。定期的に来る青のシーズン。だからわたしのワードローブの半分は青い服です。わたしの人生には青が必要なようです。

 

題にある小豆色、ピーコックグリーン、サーモンピンクはわたしが最近集めている色です。洋服、靴、バッグから、ペンやノート、ネイルなんかも欲しいと思っています。素敵なものがあったら教えてくださいね。

 

行き先の自動車事故で電車が止まっている時間に書きました。いつの間にか外は暗くなっています。